ホルモン分泌量と肌老化の関係

皮膚に老化をもたらす最大の原因は前述したように紫外線による光老化が大きな原因となっております。
「肌老化の原因の約80%を占める「光老化」」のトピックスはこちら→

また、光老化以外の原因としてはタンパク質糖化や成長ホルモンの分泌量の低下が要因となってコラーゲン組織のターンオーバーが減少することも大きな要因となっていることが検証されてきております。

コラーゲン組織のターンオーバーの減少は、特に更年期の女性に発症しやすく女性ホルモンの分泌量と肌の老化の関連性についても研究が進められております。

コラーゲンのターンオーバー

コラーゲンのターンオーバーは皮膚の組成では欠かせない現象のひとつで、肌の老化に大きな影響を与えます。
これは逆に言えば皮膚内のコラーゲン組織が若い年代時と同等レベルでターンオーバーが行われていれば、皮膚の老化現象の進行速度を抑制する事もできる可能性を持つことを示しているとも言えます。

コラーゲン組織のターンオーバーの促進は老化予防を計る上での重要なポイントであるとも言えるのですね。